【Open Sea】NFTの売り方・日本円に戻す手順【画像付きで解説】

NFT

※免責事項:当サイトでは投資助言をしておりません。この記事で表記されている「仮想通貨」は「暗号資産」を指します。なお、WEB3の情報についてはDYORでお願いいたします。

 

  • NFTミントしたけど、どうやって売るか分からない
  • 売り方を画像付きで解説してほしい
  • ついでに売るコツとかあったら教えて欲しいな!

 

このような悩みを解決できる記事を書きました!

 

✔︎本記事を読むと分かること

  • 1:NFTの売り方
  • 2:NFTを高く売るコツ
  • 3:利益を日本円に戻す手順
  • 4:NFT売却に関するQ&A

 

本記事では、NFTの売り方ついて徹底解説していきます。

 

ゆうとまん
実際に、いくつものALを獲得してきた僕が解説しますね!

 

本記事の流れは目次のとおりです。

下記も目次から読みたい所へジャンプできますよ!

 

✔︎お知らせ

NFTを始める際に、販売所でETHを買ってませんか?

販売所でETHを買うと、スプレッドで最大5%ほど手数料を取られます。国内でも人気なコインチェックは販売所でしかETHを買えません。損してるのです。

例えば、5万円分のBTCを購入すると2,500円も損。

上記の手数料を抑えるためにも、ETHを取引所で購入できるbitFlyerを使いましょう!

 

\ETHを格安で買える/

 

 

NFTを高く売るコツ

NFTを高く売るコツ

 

まず最初に、ミントしたNFTを高く売るコツを紹介します。

結論は、「ミントしたNFTが個性的か、他と比べて目立つか」です。

 

ゆうとまん
個性的だったり、目立つNFTは高値で取引されるケースがあります!

 

これについては、下記のツイートをご覧ください。

 

 

上記のツイートは遊戯苑ですが、CNP関連だったら「レインボー」や「マフィア」が高値で取引されてます。

 

自分のミントしたNFTが他より目立つものだったら、値段を高く設定しても売れるかもしれません。

 

NFTの売り方

NFTの売り方

 

NFTを売る手順は以下の通りです

なお、今回は利用者の多いOpen Seaを利用した売り方を解説していきます。

 

  • 手順①:売りたいNFTのSellボタンをクリック
  • 手順②:オークションか固定価格か選ぶ
  • 手順③:出品する

 

ゆうとまん
1つずつ画像付きで解説していきます!

 

①:売りたいNFTのSellボタンをクリック

 

まずは、売りたいNFTの「Sellボタン」をクリックしましょう。

 

 

売りたいNFTの右上に「Sell」があるので、こちらをクリック。

 

手順②:オークションか固定価格か選ぶ

 

続いて、「固定価格(Fixed Price)」「オークション(Timed Auction)」かを選んでいきます。

簡単で多いのは「固定価格」ですね。

 

ゆうとまん
今回は簡単な「固定価格」を例に解説していきます!

 

手順③:出品する

 

最後に価格や出品期間を決めて出品していきます。

 

 

  • Set a price:価格
  • Set duration:出品期間
  • Total potential earnings:手数料を引かれた利益

 

ここで注意してほしいのが、「Total potential earnings(手数料を引かれた利益)」の価格が「買った時より大きい数値」になってることを確認してください。

 

ゆうとまん
手数料を考えずに売ってしまうと、損してしまうケースもあります。

 

こちらを確認したら、最後に「complete listing」をクリックします。

 

 

「complete listing」をクリックすると、上記のようにメタマスクが自動で開くので、「確認」をクリックしましょう。

 

これでNFTの出品が完了しました!

あとは、売れるのを待ちましょう。

 

補足:出品をキャンセル・値段を上げたい場合

 

値段を上げたい場合は、一旦出品をキャンセルして、再度出品する必要があります。

ここではキャンセルする方法を解説しますね。

 

 

まずは「Cancel listings」をクリックします。

 

 

すると、自動でメタマスクが開くので「確認」をクリックしましょう。

 

ゆうとまん
キャンセルにもガス代(手数料)がかかるので、ご注意ください。

 

なお、同じNFTを再出品する場合は、ガス代(手数料)はかからないので、無料で出品できます。

 

例えば、CNPSを2枚出品する場合は、1枚目はガス代がかかりますが、2枚目は無料で出品できるということ。

 

異なるNFTを5種類出品する場合は、1枚1枚にガス代がかかります。

 

利益を日本円に戻す手順

利益を日本円に戻す手順

 

NFTをミントして売って利益が出たけど、どうやって日本円にするの?って悩んでる方もいるかと思います。

ではこれからをメタマスクのETHを日本円に買える方法を解説しますね!

 

 

まずは、メタマスクを開き、真ん中にある「送金」をクリックします。

 

 

続いて、ビットフライヤーを開き、「入出金→イーサリアム」をクリックします。

一番最初は「預入用のイーサリアムを取得してください。」をクリックすると、アドレスが出てきますよ!

 

次に表示されたアドレスをコピーして、メタマスクにペーストします。

すると、画像のように金額入力画面が出てくるので、ビットフライヤーに送りたいETHの量を入力しましょう。

 

最後に「次へ」をクリック。

 

 

「確認」をクリックすると、ビットフライヤーへの送金は完了です!

 

✔︎送金が完了したら「取引所」で売却しよう

ビットフライヤーに送金が完了したら、「取引所(bitFlyer Lightning)」で売却しましょう。

取引所を使うと手数料を安く抑えることができるからです。

 

 

まずは「bitFlyer Lightning」をクリックします。

 

「成行」をクリックし、売りたい量を入力します。

最後に「売り」から売却できますよ。

 

ゆうとまん
日本円にしたら、ご自身の銀行口座に振り込み申請をしましょう!これで利確完了ですね!

 

NFT売却に関するQ&A

質問

 

NFT売却に関する質問にお答えします。

 

出品しても全然売れない…どうしたらいい?

 

色々見る部分もありますが、出してすNFTの「流動性」を確認しましょう。

 

 

「Activity」を見て直近で取引されてるか確認しましょう。

毎日取引されてるようなら、一番最低価格で出品すると売れる率は上がります。

 

NFT出品の手数料ってどれぐらい取られる?

 

Open Seaの場合は、初回出品する時のガス代と売却時に12.5%の手数料がかかります。

 

ぶっちゃけ高いですが、それ以上に稼げるチャンスが転がってます。

ただ、手数料を意識して値段設定した方がいいです。

 

まとめ

まとめ

 

最後に本記事の要点をまとめて終わります。

 

✔︎NFTの売り方

  • 手順①:売りたいNFTのSellボタンをクリック
  • 手順②:オークションか固定価格か選ぶ
  • 手順③:出品する

 

一部省略してますが、こんな感じです。

 

ミントして売却した利益を日本円にしてもいいですし、他のNFTを買う際の代金にしてもいいですね。

 

というわけで以上です。

 

期間限定】2023年2月28日までにBITPOINT」に無料登録した方は、3,000円相当のDEPコインが無料で貰えます。

もちろん、貰ったコインを売ることも可能です。

こんな機会、滅多にありません。

これを見た今がチャンスです!このチャンスを逃さないよう、今すぐ行動へ移しましょう!

 

\無料10分・スマホでもかんたん!/

最新情報をチェックしよう!