【仮想通貨】Maple(MPL)の買い方【特徴や将来性も解説】

  • 2022年8月27日
  • 2023年1月23日
  • Coin
ゆうとまん
こんにちは!ゆうとまんです。

 

  • Mapleについて知りたい
  • Mapleってどうやって買うの?
  • 将来性あるかな?

 

このような悩みを解決できる記事を書きました!

 

✔︎本記事を読むと分かること

  • 1:Mapleとは?
  • 2:Mapleコインの特徴
  • 3:Mapleコインの買い方
  • 4:将来性
  • 5:BONEや仮想通貨に関するQ&A

 

今回は「Maple」について、サクッと簡単に解説します。

 

Mapleコインを手数料損しない方法で解説するので、ぜひ最後まで読んでくれると幸いです。

 

本記事を読めば、Mapleついてサクッと簡単に知ることができ、お得かつ格安で Mapleコインを購入する手順がわかりますよ!

 

ゆうとまん
また、最後の部分で「期間限定のお特なキャンペーン」もあるので、順番に読みつつ、最後の最後までご覧ください!

 

本記事の流れは以下のとおりです。

Mapleについて徹底解説していきます。

 

✔︎お知らせ

販売所で仮想通貨を買ってませんか?

販売所で仮想通貨を買うと、スプレッドで最大5%ほど損します。有名なコインチェックは販売所でしかNFTに必要な仮想通貨を買えません。

例えば、5万円分の仮想通貨を購入すると2,500円も損

手数料を抑えるためにも、ETHを取引所で購入できるbitFlyerを使いましょう!

 

\無料10分&スマホからでも簡単/

 

 

Maple(MPL)とは?

Mapleとは?引用:Maple公式

Maple(MPL)の概要

名前Maple(MPL)
時価総額ランキング(2023/01)553位
時価総額(2023/01)
3,354,348,086円
価格(2023/01)759.25円
ネットワークETH(ERC20)
取引所Gate等
公式サイトhttps://www.maple.finance/

 

Mapleとは、イーサリアムとSOL上に構築されたトークンです。

Mapleは、海外の取引所の「Gate」で購入できます。

 

ここをクリックして、MPLコインの買い方にジャンプする!

 

Maple(MPL)の特徴

Maple(MPL)の特徴

 

Maple(MPL)の特徴は大きく分けると下記の4つです。

 

  • 特徴①:ステーキングとレンディングで稼げる
  • 特徴②:ETHチェーンを採用している
  • 特徴③:Defiプラットフォームでもある

 

ゆうとまん
1つずつ解説していきます!

 

特徴①:ステーキングとレンディングで稼げる

 

Maple Financeを利用することで、レンディングとステーキングで稼ぐことができます。

貸し手はプールに預金して、プールの流動性資産で指定された利息を獲得します。選択したプールでの流動性マイニングから MPL 報酬を獲得できますよ。

 

貸し出す前に、イーサリアムウォレット(メタマスク)にUSDCとガス支払い用のETHを準備する必要があります。レンディングに参加するためにMPLトークンは必要ありません。

 

APYも5〜10%で、投資信託と同じぐらい高いので、投資先として選ぶのもありですね。

 

ゆうとまん
レンディングとステーキングでは、Maple(MPL)トークンを稼ぐことができます!

 

特徴②:ETHチェーンを利用している

 

Maple(MPL)は、ETHチェーン(ERC20)というブロックチェーンを採用してます。

 

STEPNでいうSOLとか、Runbloxでいうアバランチみたいな感じです。体感的にはBSCのゲームが多いですね。

 

ETHチェーン(ERC20の基本通貨は「ETH」です。

国内の取引所でも買える仮想通貨でもありますね!

 

特徴③:Defiプラットフォームでもある

 

Mapleは、無担保・低い担保で借入ができる、機関投資家向けのDeFiプラットフォームでもあります。

 

2020年にが起こったDefiムーブは、個人や機関投資家を問わないものが多い中、MapleはVCなど機関投資家向けのサービスを提供しているのも特徴です。

 

具体的には、Pool Delegateがベンチャーキャピタル(VC)の信用を審査し、信頼できると判断した場合に資金調達をするという仕組みです。

 

上記の仕組みがあるため、Mapleでは多額の担保が必要ないため、少額 or 無担保で借入ができます。

 

現状、個人投資家ではローンを利用できませんので、ご注意ください。

 

Maple(MPL)の買い方

Maple(MPL)の特徴

 

Maple(MPL)の買い方は以下のとおりです。

 

  • 手順①:国内の取引所で口座開設
  • 手順②:Gateで口座開設
  • 手順③:GateにXRPを送金
  • 手順④:XRPを売却する
  • 手順⑤:Maple(MPL)を購入する

 

ゆうとまん
1つずつ解説しますね!

 

手順①:国内の取引所で口座開設

 

まずは、送金用の仮想通貨を買うために、国内の取引所で口座開設しましょう。

中でも大手のbitFlyerがおすすめです。

 

 

\無料10分&スマホからでも簡単/

 

MEXCへの送金で使う「XRP」を手数料の安い取引所で購入でき、送金手数料が無料のビットフライヤーを利用すると良いですよ!

 

ゆうとまん
僕もメインで使ってますが、やはり大手なだけあって、仮想通貨の購入や送金がやりやすいです!

 

なお、bitFlyerの申し込みの流れは「【簡単】bitFlyer(ビットフライヤー)の口座開設手順【3ステップで解説】」で解説してるので、こちらをご覧ください!

 

手順②:Gateで口座開設

 

次に「Gate」で口座開設をしましょう。

Maple(MPL)は、Gateに上場してるのため、購入するにはGateの登録が必要です。

 

こちらも無料で登録できるので、サクッと済ませちゃいましょう。

口座開設手順は「【完全無料】Gate.io で口座開設する4つの手順【使い方も解説】」でまとめています。

 

\無料5分&サクッとできる/

 

手順③:GateにXRPを送金

 

続いて、ビットフライヤーからGateにXRP(リップル)を送金していきます。

 

XRP(リップル)の購入・送金方法については下記の「【簡単】ビットフライヤーからMEXCに送金する方法【5ステップで解説】」で解説してるのでそちらをどうぞ!

 

✔︎GateのXRPアドレス入手方法

上記の解説記事は、送金先がMEXCになってます。

なので、Gateのアドレス入手方法を解説します。お手数おかけしますが、置き換えて解説記事を読んでください。

 

 

「入金」をクリックし、通貨を「Ripple XRP」を選びましょう。

1分ほど待てば、アドレスが表示されるので、あとは、こちらのアドレスとMemo(宛先タグ)をコピペして、ビットフライヤーから送金しましょう。

※なお、ビットフライヤーの送金先登録の際に出てくる国地域は、「送付先の国地域:中国」に設定してください。

 

ゆうとまんこんにちは!ゆうとまんです。  ビットフライヤーからバイナンスへ送金したい 送金手数料どれぐらいかかるかな? ミスしたくないから、画像付きで詳しく教えて![…]

【簡単】ビットフライヤーからバイナンスへXRPを送金する手順

 

手順④:XRPを売却する

 

続いて、Gateに送金したXRP(リップル)を売却していきます。

 

 

「取引」→「現物」をクリックします。

次に検索欄で「XRP」と入力し、「XRP/USDT」を選択してください。

 

 

続いて、取引高XRPの下にあるバーを100%までスワイプします。

最後に「売却(XRP→USDT)」をクリックしてください。

 

ゆうとまん
これで売却完了です!

 

手順⑤:Maple(MPL)を購入する

 

最後にMaple(MPL)を購入していきます。

 

 

「取引」→「現物」をクリックします。

次に検索欄で「MPL」と入力し、「MPL/USDT」を選択してください。

 

 

続いて、取引高MPLの下にあるバーを100%までスワイプします。

最後に「購入(USDT→MPL)」をクリックしてください。

 

ゆうとまん
これでMapleの購入は完了です!

 

ここをクリックして、MPLコインの買い方に戻る!

 

Maple(MPL)の将来性

Maple(MPL)の買い方

 

Maple(MPL)の将来性について解説していきます。

 

  • ①:DeFi市場の成長
  • ②:ロードマップが明確

 

ゆうとまん
順番に見ていきますね!

 

①:DeFi市場の成長

 

Maple(MPL)は、DeFi関連のトークンでもあるため、DeFi市場の成長具合によって影響を受けます。

 

2020年にDeFiブームが来ましたが、2022年以降、DeFiムーブが来れば市場拡大し、価格上昇が見込めるかもしれません。

 

ただ、DeFi市場は、拡大するか低迷するかの意見が分かれてる状態です。

間違いなく、DeFiの成長具合によって将来性が見込めるか決まりますね。

 

ゆうとまん
今後のDeFi市場に期待です!

 

②:ロードマップが明確

 

Mapleの共同創業者のJoe FIanagan氏が、2022年のロードマップを書いていました。

 

✔︎プロトコルの実用性

  • MPLトークン保有者に、1つの通貨でプールへ提供できる仕組みを開発
  • Mapleの総資産1000万ドルの創出
  • 提供された資金の5%をMaple側が保有する

 

✔︎相互運用

  • 15以上のDeFi関連の企業と連携して、5億ドルのローンを達成
  • 5つ以上のフィンテックとの連携にによる5億どるのローンを達成

 

✔︎使いやすさ

  • 50億ドルのローンの達成
  • 8社のPoolと2億どるの貸出ローンの達成

 

上記のとおり。

Mapelを利用するユーザーの利便性を高めつつ、高額なローンを達成することを目指してますね。

 

ロードマップ通りに進むと、ユーザーの利便性が高まり、より多くのユーザーを獲得でき、MPLの価格上昇が見込めるかもです。

 

ここをクリックして、MPLコインの買い方に戻る!

 

Maple(MPL)や仮想通貨に関するQ&A

Maple(MPL)や仮想通貨に関するQ&A

 

Maple(MPL)や仮想通貨に関する質問にお答えしていきます。

 

  • MPLは長期保有がおすすめ?
  • 仮想通貨の売買以外で稼ぐ方法はない?
  • 仮想通貨を他で運用できないかな?
  • もっと分散して運用する方法ない?

 

一つずつ解説していきます!

 

Maple(MPL)も長期保有がおすすめ?

 

長期保有がおすすめですね。

 

Walletinvester の予想だと、将来価格は「156.230 USD」になるそうです。

右肩上がりと予想されるため、長期保有がおすすめですね。

 

とはいえ、途中で高騰したら売却して「利確」するものありです。

DYOR・NFAでお願いします。

 

仮想通貨の売買以外で稼ぐ方法ない?

 

NFTの売買という選択肢もあります。

NFTも数百円で購入したものが、数万・数十万になることも。

 

買うNFTによって変わってきますが、AL(優先購入権)を獲得すれば、数百円〜数千円で購入することが可能です。

また、2次流通でも含み益を出すこともできます。

 

 

実際に僕は、この赤いパンダ「CNP」を2次流通で購入して「0.295ETH→2.2ETH」まで含み益を出すことができました。(日本円にすると、57,000円→430,000円)

 

一方、右のNFT「NEOSTACKEY」は、約6,000円で購入し、今では約460,000円になりました。

 

仮想通貨に触れてるなら、NFTも触れてみるといいかもしれません。

トレンドを掴めると、NFT資産を増やせるかもですよ!

 

>>【画像付き】失敗しないNFTの買い方・始め方【初心者向け】

 

仮想通貨を他で運用できないかな?

 

BTCやETH、USDTやUSDCを年利8%で運用する方法があります。

それは、国内のレンディングサービス「ビットレンディング」で運用することです。

 

 

ゆうとまん
僕もBTCやUSDTをレンディングしており、毎月4,000円ほど不労所得を頂いてます!

 

年間にすると「48,000円」です。1年間、何もせずに48,000円をゲットできるってすごくないですか?

 

こんな感じで、BTCやETHも年利8%で運用して、不労所得を得れます。

実際に年利8%で運用できる理由は、以下の通り。

 

  • ユーザーから預かった仮想通貨を海外の取引所や機関投資家などへ貸出して、利息を得てるから
  • 「月刊暗号資産」という国内唯一の仮想通貨の専門雑誌を運営しており、レンディング以外にも収益源があるから

 

詳しくは、下記の記事で解説してるので、参考までにどうぞ!

 

>>BitLending(ビットレンディング)の始め方・やり方【損しない送金方法も解説】

 

もっと仮想通貨を分散して運用する方法ない?

 

そこで、ビットレンディング以外にもDeFiといった仮想通貨の運用方法があります。

仮想通貨は分散して運用した方がいいです。運用先が1つだと、もしその会社やDEXが潰れた時に一気に資産を失うからですね。

 

始めるまでの難易度は高くなってしまいますが、その分年利高めで運用することが可能です。

 

 

ゆうとまん
実際に僕もDeFiで運用しており、毎日お金が増え続けてます!

 

ちなみにDeFiに関しては、しょーてぃさんの教材がとってもわかりやすく動画で解説してくださってます。

僕も購入し、動画の手順通りに進めたら簡単にDeFi始められました!

 

 

レビューも高評価で、ぶっちゃけ安すぎるかなってレベルです…!

 

\動画付き&具体例込みで分かりやすい!/

 

ここをクリックして、MPLコインの買い方に戻る!

 

まとめ

まとめ

 

最後に本記事の要点をまとめて終わります。

 

名前Maple(MPL)
時価総額ランキング(2023/01)553位
時価総額(2023/01)
3,354,348,086円
価格(2023/01)759.25円
ネットワークETH(ERC20)
取引所Gate等
公式サイトhttps://www.maple.finance/

 

✔︎Maple(MPL)の特徴

  • 特徴①:ステーキングとレンディングで稼げる
  • 特徴②:ETHチェーンを採用している
  • 特徴③:Defiプラットフォームでもある

 

✔︎Maple(MPL)の買い方

  • 手順①:国内の取引所で口座開設
  • 手順②:Gateで口座開設
  • 手順③:GateにXRPを送金
  • 手順④:XRPを売却する
  • 手順⑤:Maple(MPL)を購入する

 

今後のDeFi市場の成長によって将来性が期待できたり、Mapleの利便性を高めたりすることで、Maple(MPL)の価格上昇が見込めるかもしれません。

 

Maple(MPL)の将来性に期待でき、保有したいと思った方は、Gateで購入できますよ。

 

くれぐれも一気に大金突っ込まず、余剰資金何で投資してくださいね。

 

✔︎普段の検索がお金になるかも!?

Braveというブラウザを使って検索をすることで、BATトークンを稼ぐことができます。

インストールも無料ででき、使い続ければリスク0でBATが貯まり続けます

この機会にぜひ始めてみて、この記事もBraveで見てみましょう!

 

検索で稼ぐ!?

※免責事項:当サイトでは投資助言をしておりません。この記事で表記されている「仮想通貨」は「暗号資産」を指します。なお、NFTPL・NFTゲームの情報については審査をしてますが、安全の保証はできません。NFTへの投資はDYORかつ自己責任でお[…]

 

▼ここまで読んでくれた方へ:お得情報

 

期間限定】2023年1月31日までに「BITPOINT」に無料登録した方は、100万SHIBトークンが無料で貰えます。

SHIBは時価総額16位とトップクラスで、2021年に50万倍になった歴史の残る仮想通貨です。

現在100万SHIBは「約1,100円」ですが、再度50万倍になったら「5億5千万円」に…!

これを見た今がチャンスです!登録だけで未来で億り人になれるチャンスを得れます。

 

\無料10分・100万SHIB貰える!/

【仮想通貨】Maple(MPL)の買い方【特徴や将来性も解説】
最新情報をチェックしよう!