【NFTマーケットプレイス】X2Y2の使い方・リストのやり方【画像付き解説】

  • 2022年12月29日
  • 2023年1月22日
  • NFT
NFT 【NFTマーケットプレイス】X2Y2の使い方・リストのやり方【画像付き解説】

※免責事項:当サイトでは投資助言をしておりません。この記事で表記されている「仮想通貨」は「暗号資産」を指します。なお、NFTPL・NFTゲームの情報については審査をしてますが、安全の保証はできません。NFTへの投資はDYORかつ自己責任でお願いいたします。

 

  • NFTのX2Y2って聞くけど何?
  • OpenSeaよりも手数料安いみたいだけど、本当?
  • X2Y2のNFTの売り方を画像付きで解説してほしい!

 

このような悩みを解決できる記事を書きました!

 

✔︎本記事を読むと分かること

  • 1:X2Y2とは?
  • 2:X2Y2の特徴
  • 3:X2Y2を使ったNFTの売り方
  • 4:X2Y2に関するQ&A

 

本記事では、NFTのマーケットプレース「X2Y2」の利用者である僕が解説します。

 

 

ゆうとまん
この記事を読むことで、X2Y2について理解できるようになり、Open Seaより手数料安くNFTを売買できるようになりますよ!

 

本記事の流れは目次のとおりです。

目次から読みたい所へジャンプできますよ!

 

✔︎お知らせ

NFTを始める際に、販売所でETHを買ってませんか?

販売所でETHを買うと、スプレッドで最大5%ほど手数料を取られます。国内でも人気なコインチェックは販売所でしかETHを買えません。損してるのです。

例えば、5万円分のBTCを購入すると2,500円も損

上記の手数料を抑えるためにも、ETHを取引所で購入できるbitFlyerを使いましょう!

 

 

 

X2Y2とは?

X2Y2とは?引用:公式サイト

名前X2Y2
公式サイトhttps://x2y2.io/
公式TwitterX2Y2

 

X2Y2とは、トレーダー向けの分散型NFTマーケットプレースです。

2022年2月にリリースしたマーケットで、完全な分散型マーケットプレイスを目指して、運営されてます。

 

ゆうとまん
最終的にはDAOを目指しているそうです!

 

ちなみに、Open Seaはトップクラスに利用者も取引量も多いマーケットですが、サーバーダウンしたり、手数料が高かったりします。

 

そんな問題をX2Y2では解決できるのです!

 

X2Y2の特徴

X2Y2の特徴

 

X2Y2の特徴は下記の2つ!

 

  • 特徴①:手数料が安い
  • 特徴②:一応、日本語対応してる

 

ゆうとまん
順番に解説していきます!

 

特徴①:手数料が安い

 

まず1つ目の特徴それは「手数料が安い」こと。

僕のブログを読んでくれる方は、NFTを売ること方が多いので、売却を例に解説します。

 

例えば、Open SeaでNFTを売る時は、マーケットの手数料(2.5%)+クリエイターフィーがかかります。一方、X2Y2は、マーケット手数料(0.5%)とクリエイターフィー(ない時もある)です。

 

クリエイターフィーが最大10%なので、Open Seaだと「最大12.5%」で、X2Y2は「最大10.5」になりますよね。

つまり、2%手数料を安く抑えることができるのです。

 

X2Y2Open Sea
マーケット手数料0.5%2.5%
クリエイターフィー最大10%最大10%

 

ゆうとまん
10万円の価値があるNFTを売る場合「2,000円」もの差が出るということ!

 

これが100万円だったら2万円ですね。

マーケットの手数料でこんなにも差が開いてしまいます。

 

日本での知名度は全くないのが残念な所。

たったの2%かもしれませんが、積み重なれば大きいです。ちりつも。

 

特徴②:一応、日本語対応してる

 

X2Y2は一応、日本語対応してます。

 

 

全て日本語対応してる訳ではありません。一部は英語になってます。

 

ゆうとまん
とはいえ、大部分が日本語にできるので、利用に困ることはないかと!

 

初めて使った時も普通に問題なく使えるレベルでした!

 

✔︎日本語にする方法

 

世界のマークをクリックし「日本語」を選択しましょう。

これでX2Y2が日本語表記になりますよ!

 

X2Y2を使ったNFTの売り方(リスト方法)

X2Y2を使ったNFTの売り方(リスト方法)

 

X2Y2を使ったNFTのリスト方法は以下の通りです。

 

  • 手順①:マイページに行く
  • 手順②:NFTをリストする

 

ゆうとまん
めちゃくちゃ簡単ですが、1つずつ画像付きで解説します!

 

手順①:マイページに行く

 

まずは、公式サイトへアクセスし、ウォレット接続し、マイページに行きましょう

>>X2Y2

 

 

右上にある「アイコン」をクリックします。

 

 

続いて「マイアイテム」をクリック。

 

ゆうとまん
これでマイページへ行けますよ!

 

手順②:NFTをリストする

 

最後にNFTをリストする手順を解説します。

 

 

まずはリストしたいNFTを選択します。

 

 

「販売」をクリックします。

 

 

価格と出品期間(有効期限)を設定しましょう。

最後に「リスト」をクリック。

 

 

続いて、「TOUGENKYOU_OFFICIALを承認」をクリックします。

 

 

すると、自動でメタマスクが開くので「確認」をクリックします。

 

 

続いて「サイン」をクリック。

 

 

最後に、メタマスクが開くので「署名」をクリック。

 

ゆうとまん
これでリスト完了です!

 

X2Y2に関するQ&A

X2Y2に関するQ&A

 

X2Y2に関する質問にお答えします。

 

X2Y2を使う上でデメリットはある?

 

デメリットは以下の通りですね。

 

  • Open Seaより流動性が低い
  • NFTによってはリストされてない物もある

 

直近で言うと、LLACやCNCはX2Y2で取引されてませんでした。

 

ロイヤリティが0%のやつもあるけど…ほんと?

 

ほんとですね。

ロイヤリティ0%で取引されます。

 

実際、桃源郷はロイヤリティ0%だったので、売れた場合、リスト価格から0.5%引かれた額がウォレットに入ります。

 

Open Seaでは10%でも、X2Y2では0%の時もあるので、狙い目ではある。

ただし、流動性が少ないので、Open Seaよりは売れにくいですね。

 

X2Y2はクレカ決済できる?

 

現状、クレカ決済はできません。

 

メタマスクとETHを用意する必要があります。

 

まとめ

まとめ

 

最後に本記事の要点をまとめて終わります。

 

名前X2Y2
公式サイトhttps://x2y2.io/
公式TwitterX2Y2

 

X2Y2とは、トレーダー向けの分散型NFTマーケットプレースです。

2022年2月にリリースしたマーケットで、完全な分散型マーケットプレイスを目指して、運営されてます。

 

✔︎X2Y2の特徴

  • 特徴①:手数料が安い
  • 特徴②:一応、日本語対応してる

 

✔︎X2Y2でNFTをリストする方法

  • 手順①:マイページに行く
  • 手順②:NFTをリストする

 

こんな感じ。

 

X2Y2は、まだ国内で利用してる方が非常に少ないNFTマーケットプレイス。

ユーザー数・流動性はOpen Seaにはまだ勝てませんが、手数料が安く良質なマーケットプレイスです。

 

NFTの売買で手数料抑え、少しでも利益出したいと思ってる方は、1度X2Y2を使ってみるといいですよ!

 

✔︎お知らせ

NFTを始める際に、販売所でETHを買ってませんか?

販売所でETHを買うと、スプレッドで最大5%ほど手数料を取られます。国内でも人気なコインチェックは販売所でしかETHを買えません。損してるのです。

例えば、5万円分のBTCを購入すると2,500円も損

上記の手数料を抑えるためにも、ETHを取引所で購入できるbitFlyerを使いましょう!

 

 

期間限定】2023年2月28日までにBITPOINT」に無料登録した方は、3,000円相当のDEPコインが無料で貰えます。

もちろん、貰ったコインを売ることも可能です。

こんな機会、滅多にありません。

これを見た今がチャンスです!このチャンスを逃さないよう、今すぐ行動へ移しましょう!

 

\無料10分・スマホでもかんたん!/

【NFTマーケットプレイス】X2Y2の使い方・リストのやり方【画像付き解説】
最新情報をチェックしよう!