【NFT】Giveaway(ギブアウェイ)の参加方法【Twitter・Discordもあり!】

NFT

※免責事項:当サイトでは投資助言をしておりません。この記事で表記されている「仮想通貨」は「暗号資産」を指します。なお、WEB3の情報についてはDYORでお願いいたします。

 

ゆうとまん
こんにちは!ゆうとまんです。

 

  • NFTのGiveawayをよく見るけど、何なの?
  • 参加するメリットある?
  • Giveawayに参加する方法を知りたい

 

このような悩みを解決できる記事を書きました!

 

✔︎本記事を読むと分かること

  • 1:NFTのGiveawayとは?
  • 2:参加するメリット
  • 3:Giveawayの参加方法
  • 4:よくあるQ&A

 

今回は「NFTのGiveaway」について、実際に開催したことがある・参加して当選したことがある僕が、参加方法や当選するコツを解説します!

 

 

他の記事には載ってない、Giveaway攻略のコツもセットで解説するので、ぜひ最後までご覧ください。

 

約束します。

この記事を読み終われば、NFTのGiveawayの参加方法が明確になり、当選確率を上げるちょっとしたコツまで知ることができますよ!

 

ゆうとまん
また、記事の一番最後に期間限定のお得なキャンペーンもあるので、最後までお楽しみに!

 

本記事の流れは以下の目次のとおりです。

読みたいところへ飛ぶこともできますよ!

 

✔︎知らないと損する情報

仮想通貨を「販売所」で買うと、最大5%も損します。

万円分の仮想通貨を買うと500円も損。(売る時も一緒)

有名なコインチェックでは、主要な仮想通貨を「販売所」でしか買えません。

一方、ビットバンク「取引所」約11円ほどに削減できます。

損しないためにも、ビットバンクの取引所を使いましょう!

 

\無料3分&スマホでもかんたん/

 

✅取引所と販売所の違い【具体例込みで解説】

 

取引所はユーザー同士で取引しますが、販売所は仮想通貨取引所と取引します。

 

  • 取引所:若干の慣れ(1回やれば慣れる)が必要だけど、手数料が格安。
  • 販売所:スマホアプリで誰でも簡単に取引できるけど、手数料が高い。

 

見るだけではわかりにくいと思うので、実際に「販売所」で買うとどう損するのか?を解説します。

 

販売所には、スプレッドという実質手数料みたいなものがあり、売り買いに最大5%の差が発生します。

下記は、「販売所」の価格ですが、売却価格と購入価格の差が、約5%に設定されてます。

 

 

一方、「取引所」の価格は以下の画像の通り。

 

 

つまり、販売所を仮想通貨を使うと、取引所の価格より高く買うことになります。売る際は取引所の価格より低く売ることに。

 

繰り返しですが「販売所」を使うと、一般の価格より「高く買う・低く売る」ことになるので、一般価格でユーザーと取引できる「取引所」を使いましょう!

 

 

NFTのGiveaway(ギブアウェイ)とは?

NFTのGiveaway(ギブアウェイ)とは?

 

NFTのGiveawayとは、TwitterやDiscordなどのSNS内で行われる「NFTやプロジェクトのAL(WL)」をプレゼントする企画のことです。

 

ゆうとまん
NFTのALが貰えたり、いい場合だとNFT本体を貰えたりします

 

【簡単解説】AL(アローリスト)ってなに?
AL(アローリスト)は、NFTを安く購入できる優先購入権のことです。

詳しくは「【初心者向け】NFTのAL(アローリスト)とは?【入手方法・情報収集のやり方】」をご覧ください。

 

✔︎Giveawayする側になることもできる

実際に僕も5回ほどTwitterでNFTのGiveawayをしました。

 

 

上記のツイートの通りで「John Smith On Chain」というNFTプロジェクトのAL Giveawayを行いました。

 

ゆうとまん
この1ツイートだけで30RTもまわり、Giveawayの力はすごい…!NFTの作者じゃなくても開催することができます!

 

僕のアカウント、インプレッションが低いのでそこまで多くの人に届いてませんが、中には1ツイートで200RTを超えるようなGiveawayもあります。

 

プロジェクトのALではなく、NFT自体をプレゼントするやり方もありますよ。

 

NFTのGiveaway(ギブアウェイ)に参加するメリット

NFTのGiveaway(ギブアウェイ)に参加するメリット

 

NFTのGiveawayのメリットは、以下の2つです。

 

  • 特徴①:AL(WL)がゲットできる
  • 特徴②:NFTをゲットできる

 

ゆうとまん
1つずつ解説していきます!

 

特徴①:AL(WL)がゲットできる

 

間違いなく、メリットの1つです。

 Giveawayに参加して当選することで、NFTプロジェクトのAL(WL)がゲットできます。

 

ゆうとまん
プロジェクトにもよりますが、参加人数が少ないと高確率でAL(WL)がゲットできる可能性もありますよ!

 

実際、僕もネオスタッキーのGiveawayに参加してALを頂いたこともあります。

AL当選して、「0.03ETH→0.5ETH」になりました。

 

やったことはTwitterフォローとリツイートをしただけです。

 

特徴②:NFTをゲットできる

 

2つ目は、NFTをゲットできることです。

先ほどのAL(WL)だったものがNFTに変わっただけですね。

 

ゆうとまん
NFTのGiveawayは個人の方でもやってたりするので、参加してみるともしかしたら当たるかも!

 

ただ、大半がNFT1枚なので、当選確率は渋めです。

当たったらラッキー感覚で参加すると良き。

 

NFTのGiveaway(ギブアウェイ)の参加方法

Giveaway(ギブアウェイ)の参加方法

 

ここまで読んで「NFTのGiveawayに参加したい!」と思った方も多いのではないでしょうか。

ここからは、NFTのGiveawayの参加方法を画像付きで解説していきます!

 

  • 手順①:NFTプロジェクトのDiscordに参加する
  • 手順②:Giveawayに参加する

 

ゆうとまん
画像付きで解説しますね!

 

手順①:NFTプロジェクトのDiscordに参加する

 

まずは、NFTプロジェクトのDiscordへ参加しましょう。

Twitterじゃないの?と思い方もいるかもしれませんね。実はTwitterで検索すると「偽Giveaway」がたくさん出てくるので、Discordを使おうということ。

 

なので、プロジェクトのDiscordから開催してるGiveawayに参加するといいですよ。

 

ゆうとまん
Twitterの検索でも構いませんが、Giveawayに参加する際は「開催者が信頼できるか」を確認してから参加しましょう!

 

「#(NFTプロジェクトの名前)」で検索するとGiveaway開催してたら出てきますよ!

 

手順②:Giveawayに参加する

 

NFTプロジェクトのDiscordに参加したら、Giveawayに参加しましょう。

参加方法は以下の通り。(今回はSchool Dataを例に解説します)

 

 

まずは、Discordコミュニティ内の「tweets」をクリックします。

 

ゆうとまん
プロジェクトによっては「Giveaway」部屋の場合もあります。また、こういった部屋がないこともありますね。

 

 

TwitterのGiveawayに飛ぶので、内容を読んで、フォロー・いいね・RTなどの参加条件タスクをこなしましょう。

 

ゆうとまん
開催者によっては「3人タグ付け」等の条件がある場合もあります!

 

参加したら当選発表まで待つのみです。

当選したら開催者がタグ付けしてツイートしてくるので、Twitterの通知が来ますよ!

 

✔︎Discord内でもGiveawayがあるプロジェクトも!

 

上記はRAFFLE(ラッフル)というAlphabotを使った完全抽選のGiveawayです。

こちらは、条件を達成して「ENTER RAFFLE」をクリックすると参加することができます。

 

ゆうとまん
ラッフル以外にも、ボタン一つでGiveawayに参加できるものもありますよ!

 

いろんなGiveawayの形があるので、臨機応変でお願いします。

 

✔︎Premintというサービスもある

PremintというAL・WL(優先購入権)の作成を支援するサービスを使うプロジェクトも多くなってきました。

 

他のGiveawayと参加条件はあまり変わりませんが、特殊な使い方もあるので、下記の記事を一読すると理解度が高まるかもです。

 

>>【NFT】Premint(プレミント)の使い方【画像付きで解説】

 

NFTのGiveaway(ギブアウェイ)に関するQ&A

質問

 

NFTのGiveawayに関する質問にお答えします。

 

偽Giveawayの見分け方は?

 

開催者のフォロワー数や過去にGiveawayをしており、ちゃんと当選者を出してるかをみるといいですね。

 

Giveawayを開催し、挑戦者を発表せずに消す人もいるので、参加側も注意が必要です。

 

Giveaway後、どんなことをすればいい?

 

基本は、ウォレットアドレスの提出だったり、Discord IDを提出したりする場合が多いですね。

 

とはいえ、ここはGiveaway開催者からDMが来ると思うので、その内容に従ってください。Discordも基本同じです。

 

Giveawayに当選した際のNFTの受け取り方は?

 

大半は「ウォレットアドレス教えてください!」とDMが来るので、ウォレットアドレスをコピペして送りましょう。

 

すると、Giveaway開催者がウォレットアドレスにNFTを送ってくれるので、届くのを待つだけです。

 

Giveawayに当選するコツは?

 

これは主催者が「完全抽選タイプ」「自分で選ぶタイプ」かによって変わってきます。

完全抽選タイプの場合は、運ゲーなのでコツなんてありません。

 

しかし、「自分で選ぶタイプ」の場合は、主催者の投稿にいいねやRTをしたり、引用RTで熱い思いを書くと当たる確率が上がることがあります。

 

ゆうとまん
主催者への想いが伝われば、忖度してくれることもあるかもしれません!

 

Giveaway専用のツールとかってある?

 

ありますよ!

 

 

上記の3つは全て「NFT関連」のGiveawayツールです。

全て無料で参加できるので、気になった方はぜひ参加してみてください!

 

まとめ

まとめ

 

最後に本記事の要点をまとめて終わります。

 

✔︎NFTのGiveawayのメリット

  • ①:AL(WL)がゲットできる
  • ②:NFTをゲットできる

 

✔︎NFTのGiveawayの参加方法

  • 手順①:NFTプロジェクトのDiscordに参加する
  • 手順②:Giveawayに参加する

 

一部省略してますが、こんな感じです。

 

繰り返しですが、 Giveawayは、NFTプロジェクトのAL(WL)やNFTを入手できるチャンスです

AL(WL)を入手することで、200円でミントしたのが100,000円になることもあります。

 

Giveaway参加することは難しいことではないので、AL(WL)を獲得したい方やNFTを無料でゲットしたい方は参加してみるといいですよ!

 

✔︎普段の検索がお金になるかも!?

Braveというブラウザを使って検索をすることで、BATトークンを稼ぐことができます。

インストールも無料ででき、使い続ければリスク0でBATが貯まり続けます

この機会にぜひ始めてみて、この記事もBraveで見てみましょう!

 

>>【稼げるブラウザ!?】Brave(ブレイブ)の始め方【画像付き解説】

検索で稼ぐ!?

Brave(ブレイブ)ブラウザって何? ブラウザ使うだけで稼げるってホント!? 広告削除もできるって聞いたけどどうなの? このような悩みを解決できる記事を書きました![…]

 

▼ここまで読んでくれた方へ:お得情報

ブログでは言えない仮想通貨・NFT情報を配信してます。

登録者限定の「仮想通貨の稼ぎ方完全ロードマップ動画」を含めた8大特典も無料配布中

\🎁無料・8大特典付き🎁/