【仮想通貨】Bone ShibaSwap(BONE)の買い方【概要や将来性も解説】

※免責事項:当サイトでは投資助言をしておりません。この記事で表記されている「仮想通貨」は「暗号資産」を指します。

 

 

このような悩みを解決できる記事を書きました!

 

今回はミームコインの「Bone ShibaSwap(BONE)」について、サクッと簡単に解説します。

 

BONEコインを手数料損しない方法で解説するので、ぜひ最後まで読んでくれると幸いです。

 

本記事を読めば、Bone ShibaSwap(BONE)ついてサクッと簡単に知ることができ、お得かつ格安で BONEコインを購入する手順がわかりますよ!

 

ゆうとまん
また、記事の一番最後に期間限定のお得なキャンペーンもあるので、最後までお楽しみに!

 

本記事の流れは以下のとおりです。

Bone ShibaSwap(BONE)について徹底解説していきます。

 

✔︎知らないと損する情報

仮想通貨を「販売所」で買うと、最大5%も損します。

万円分の仮想通貨を買うと500円も損。(売る時も一緒)

有名なコインチェックでは、主要な仮想通貨を「販売所」でしか買えません。

一方、ビットバンク「取引所」約数円に削減できます。

損しないためにも、ビットバンクの取引所を使いましょう!

 

\無料3分&スマホでもかんたん/

 

✅取引所と販売所の違い【具体例込みで解説】

 

取引所はユーザー同士で取引しますが、販売所は仮想通貨取引所と取引します。

 

  • 取引所:若干の慣れ(1回やれば慣れる)が必要だけど、手数料が格安。
  • 販売所:スマホアプリで誰でも簡単に取引できるけど、手数料が高い。

 

見るだけでは、わかりにくいと思うので、実際に「販売所」で買うとどう損するのか?を解説します。

 

販売所には、スプレッドという実質手数料みたいなものがあり、売り買いに最大5%の差が発生します。

下記は、「販売所」の価格ですが、売却価格と購入価格の差が、約5%に設定されてます。

 

 

一方、「取引所」の価格は以下の画像の通り。

 

 

つまり、販売所を仮想通貨を使うと、取引所の価格より高く買うことになります。売る際は取引所の価格より低く売ることに。

 

「販売所」を使うと、一般の価格より「高く買う・低く売る」ことになるので、一般価格でユーザーと取引できる「取引所」を使いましょう!というお話でした。

 

 

Bone ShibaSwap(BONE)とは?

Bone ShibaSwap(BONE)とは?

Bone ShibaSwap(BONE)の概要

名前Bone ShibaSwap(BONE)
時価総額ランキング(執筆時点)132位
時価総額(執筆時点)
30,307,360,883円
価格(執筆時点)184.71円
発行枚数230,000,000枚
取引所MECX・Shaba Swap等

 

Bone ShibaSwap(BONE)とは、ShibaSwapのガバナンストークンです。

 

シバリウム(Shibarium)のガス代としても使われてます。

 

また、分散型金融(DeFi)業界にイノベーションをもたらす強力な「レイヤー2ブロックチェーン」として、注目を集めていますね。

 

イーサリアムは、スケーラビリティが問題となりますが、BONEは、この問題を解決し、取引時間の短縮・手数料の低減・開発フレームワークの拡張などのメリットを提供してます。

 

また、BONEコインを保有することで、ShibaSwapの方針を決めるための投票権を持つことができます。

保有数が多ければ多いほど発言権が強くなりますよ。

 

Bone ShibaSwap(BONE)の買い方

Bone ShibaSwap(BONE)の買い方

 

Bone ShibaSwap(BONE)の買い方は以下のとおりです。

 

 

ゆうとまん
手順をタップすると、読みたいところへスキップできます!

 

順番に解説していきます!

 

手順①:ビットバンクで口座開設

 

まずは、ビットバンクの無料口座開設からスタートです。

初心者・経験者を含めビットバンクをおすすめする理由は以下の通り。

 

 

MEXCへの送金に使う仮想通貨(XRP)を手数料の安い「取引所」で購入できるbitbankを使いましょう!

 

\bitbankで約1万円分のXRPを買った時の手数料/

 

スマホでも簡単に口座開設でき、お得なキャンペーンも開催中ですよ!

 

\無料3分&スマホでもかんたん/

 

お得なキャンペーンを見てみる

 

なお、ビットバンクの口座開設手順に不安がある方は「【簡単】bitbank(ビットバンク)で口座開設する手順【5ステップで解説】」をご覧ください。

 

手順②:MEXCで口座開設

 

続いて「MEXC」に無料登録しましょう。

BONEコインは、MEXCに上場しており、こちらの取引所で購入することできます。

 

 

\無料5分&スマホでもかんたん/

 

ゆうとまん
僕がMEXCのパートナーなので、上記のリンクから登録すると、取引手数料が永続で10%オフになります!

 

そして、新規登録者向けのキャンペーンも豊富。下記の条件を達成すると、40USDT(約5,000円)獲得できますよ!

 

 

MEXCの登録の流れは「【簡単】MEXCの口座開設方法を4ステップで解説【特典あり】」で解説しているので、不安な方はこちらをご覧ください!

 

手順③:MEXCにXRPを送金

 

続いて、ビットバンクからMEXCにXRP(リップル)を送金していきます。

MEXCは日本円の入金ができないため、仮想通貨で入金するしかありません。

 

MEXCへの入金通貨は、送金時間が早く、送金手数料が非常に安いXRP(リップル)を使うのがおすすめです。

 

手数料の安い「取引所」でXRP(リップル)を買う方法や送金方法は、下記の記事で全画像付きでまとめてます!

 

>>【画像付き】bitbankからMEXCにXRP(リップル)を送金する手順

 

手順④:MEXCでXRPを売却する

 

次に、MEXCに送金したXRPを売却していきます。

BONEコインを買うには、USDTが必要です。なので、XRPを売却してUSDT入手しましょう。

 

 

「取引」→「現物取引」の順でクリックします。

 

 

まずは、検索欄で「XRP」と検索し、「XRP/USDT」をクリックしましょう。

次に「成行注文」をクリックし、数量のしたのバーを一番右までスライドします。

最後に「XRPを売却」をクリックしましょう。

 

ゆうとまん
これで売却完了です!

 

手順⑤:Bone ShibaSwap(BONE)を購入する

 

最後にBone ShibaSwap(BONE)を購入していきます。

 

 

「取引」→「現物取引」の順でクリックします。

 

 

まずは、検索欄で「BONE」と検索し、「BONE/USDT」をクリックしましょう。

 

続いて「成行」をクリックし、合計の下にあるバーで購入量を%で選択するか、購入量を自分で入力するかして、どれぐらい買うかを決めましょう。

 

最後に「BONEを購入」をクリックしましょう。

 

ゆうとまん
これでのBone ShibaSwap(BONE)購入は完了です!

 

ここをクリックして、BONEコインの買い方を最初から見る!

 

仮想通貨BONE購入時の注意点

仮想通貨BONE購入時の注意点

 

BONEコインを購入する際は、下記の2点に注意しましょう。

 

 

①:仮想通貨の売り買いで損しない

 

仮想通貨を売り買いする時は「取引所」「販売所」のどちらかで購入します。

 

✅取引所と販売所の違い【具体例込みで解説】

 

取引所はユーザー同士で取引しますが、販売所は仮想通貨取引所と取引します。

 

  • 取引所:若干の慣れ(1回やれば慣れる)が必要だけど、手数料が格安。
  • 販売所:スマホアプリで誰でも簡単に取引できるけど、手数料が高い。

 

見るだけでは、わかりにくいと思うので、実際に「販売所」で買うとどう損するのか?を解説します。

 

販売所には、スプレッドという実質手数料みたいなものがあり、売り買いに最大5%の差が発生します。

下記は、「販売所」の価格ですが、売却価格と購入価格の差が、約5%に設定されてます。

 

 

一方、「取引所」の価格は以下の画像の通り。

 

 

つまり、販売所を仮想通貨を使うと、取引所の価格より高く買うことになります。売る際は取引所の価格より低く売ることに。

 

「販売所」を使うと、一般の価格より「高く買う・低く売る」ことになるので、一般価格でユーザーと取引できる「取引所」を使いましょう!というお話でした。

 

取引の際、「販売所」を使うのではなく、「取引所」を使って手数料を格安に抑えるといいですよ。

取引手数料で損したくない方は、ビットバンクを使いましょう!

 

 

\無料3分&スマホでもかんたん/

 

ゆうとまん
僕も始めたての頃は、販売所で10万円ほど買い、約5,000円も損しました…

 

②:余剰資金内で購入する

 

BONEコインは、時価総額が低いので、ビットコインに比べると規模が小さい。なので、価格変動が激しいです。

 

例えば、大口投資家が5億円ほど売り買いしたら、すぐに価格は大きく変動します。

 

ハイリスクハイリターンで、価格10の1になることもあれば、数倍〜数十倍になることもあります。

なので、仮想通貨投資は、余剰資金内で行なってください。

 

「価格変動が大きいのは怖いな…」と思った方は、無料でできるキャンペーンに参加して、仮想通貨をゲットしその仮想通貨で買ってみるといいですよ!

 

  • ①:みんなの銀行に登録(1,000円)
  • ②:ビットポイントの口座開設(約1,500円)
  • ③:フォビジャパンの口座開設(最大1,500円)
  • ④:ビットフライヤーの口座開設(1,500円)

 

ゆうとまん
これら1時間以内でできて、全部やれば5,500円の余剰資金を作れますよ…!

 

>>【最新版】お金をタダで貰えるキャンペーン【NFTの投資金にしよう!】

 

Bone ShibaSwap(BONE)の将来性

Bone ShibaSwap(BONE)の将来性

 

Bone ShibaSwap(BONE)の将来性について解説します。

 

  • ①:Shiba Swapの成長
  • ②:まだ、全て発行されてない
  • ③:新規海外取引所への上場の可能性
  • ④:将来価格予想が右肩あがり

 

ゆうとまん
順番に見ていきますね!

 

①:Shiba Swapの成長

 

BONEは、ShibaSwapのガバナンストークンです。

よって、ShibaSwapの今後の成長によって価格変動が見込めます。

 

ShibaSwapの利用者が増えれば、流動性も多くなり、需要が増え、トークン価格が上昇するかもしれません。一方、今後ShibaSwapが低迷すれば、下落してくかもです。

 

Shiba Swapの今後に期待値次第ですが、長期目線で見ると、大いに可能性はあると思います。

また、BONEはSHIBと同じくミーム系の仮想通貨なので、再度SHIBブームが来たら、連動しれ価格が上がる可能性もありますよ。

 

②:まだ、全て発行されてない

 

BONEトークンは、総供給量が2.5億枚ですが、まだすべて発行されてません。

2024年の7月に発行終了予定です。

 

BTCの2100万枚発行するみたいなのもですね。

 

2.5億枚と流通量はやや多めですが、それを上回る需要があれば、1枚当たりの価格上昇が見込めます。

BONEトークンの使い道が増えれば、将来性がありますね!

 

③:新規海外取引所への上場の可能性

 

Bone ShibaSwap(BONE)は、今後海外の取引所に上場する可能性があり、価格上場に期待できるかもしれません。

現時点で、Bone ShibaSwap(BONE)は下記の取引所に上場しています。

 

  • MEXC
  • BTCEX
  • CoinTiger

 

上記のとおり。他にもありますが、主要なのはこちらです。

 

しかし、トップクラスに有名なバイナンスやBybitなどの海外取引所には上場しておらず、もしかしたら今後上場するかもしれません。

仮にバイナンスに上場したら、BONEトークンの価格上昇が期待できるかもです。

 

④:将来価格予想が右肩あがり

 

仮想通貨の価格予想に特化したサイトである「PricePrediction」の将来価格をみると、右肩上がりとなっています。

 

価格変動の激しいコインなので、長期保有するか?と言ったら、悩みますが、完全なる余剰資金で運用する分にはいいかもしれませんね。

 

ゆうとまん
1,000円分ぐらい買って、ビットコインの半減期まで持っとくと良いかもしれません!

 

ここをクリックして、BONEコインの買い方を最初から見る!

 

BONEや仮想通貨に関するQ&A

質問

 

Bone ShibaSwap(BONE)や仮想通貨に関する質問にお答えしていきます。

 

  • BONEは長期保有がおすすめ?
  • 仮想通貨の売買以外で稼ぐ方法はない?
  • 仮想通貨を他で運用できないかな?

 

一つずつ解説していきます!

 

Bone ShibaSwap(BONE)も長期保有がおすすめ?

 

悩ましい所ですね。

 

特にボラティリティが激しいので、長期保有は向かないんじゃないかなと。

僕が運用するなら、短〜中期トレードですね。ショートやロングを狙ってもいいかもしれません。

 

DYOR・NFA。

 

仮想通貨の売買以外で稼ぐ方法ない?

 

NFTの売買という選択肢もあります。

NFTも数百円で購入したものが、数万・数十万になることも。

 

買うNFTによって変わってきますが、AL(優先購入権)を獲得すれば、数百円〜数千円で購入することが可能です。

また、2次流通でも含み益を出すこともできます。

 

 

実際に僕は、この赤いパンダ「CNP」を2次流通で購入して「0.295ETH→2.2ETH」まで含み益を出すことができました。(日本円にすると、57,000円→430,000円)

 

一方、右のNFT「NEOSTACKEY」は、約6,000円で購入し、今では約460,000円になりました。

 

仮想通貨に触れてるなら、NFTも触れてみるといいかもしれません。

トレンドを掴めると、NFT資産を増やせるかもですよ!

 

>>【画像付き】失敗しないNFTの買い方・始め方【初心者向け】

 

仮想通貨を他で運用できないかな?

 

BTCやETH、USDTやUSDCを年利8%で運用する方法があります。

それは、国内のレンディングサービス「ビットレンディング」で運用することです。

 

 

ゆうとまん
僕もBTCやUSDTをレンディングしており、毎月4,000円ほど不労所得を頂いてます!

 

年間にすると「48,000円」です。1年間、何もせずに48,000円をゲットできるってすごくないですか?

 

こんな感じで、BTCやETHも年利8%で運用して、不労所得を得れます。

実際に年利8%で運用できる理由は、以下の通り。

 

  • ユーザーから預かった仮想通貨を海外の取引所や機関投資家などへ貸出して、利息を得てるから
  • 「月刊暗号資産」という国内唯一の仮想通貨の専門雑誌を運営しており、レンディング以外にも収益源があるから

 

詳しくは、下記の記事で解説してるので、参考までにどうぞ!

 

>>BitLending(ビットレンディング)の始め方・やり方【損しない送金方法も解説】

 

まとめ

まとめ

 

最後に本記事の要点をまとめて終わります。

 

名前Bone ShibaSwap(BONE)
時価総額ランキング(執筆時点)132位
時価総額(執筆時点)
30,307,360,883円
価格(執筆時点)184.71円
発行枚数230,000,000枚
ネットワークETH
取引所MECX・Shaba Swap等

 

✔︎BONEの買い方

  • 手順①:国内の取引所で口座開設
  • 手順②:MEXCに登録(キャンペーンあり)
  • 手順③:MEXCにXRPを送金
  • 手順④:MEXCでXRPを売却する
  • 手順⑤:Bone ShibaSwap(BONE)を購入する

 

✔︎BONEの将来性

  • ①:Shiba Swapの成長
  • ②:まだ、全て発行されてない
  • ③:新規海外取引所への上場の可能性

 

こんな感じです。

 

今後のShiba Swapの成長や、需要が増えることによって将来性が期待でき、BONEの価格上昇が見込めるかもしれません。

BONEの将来性に期待でき、保有したいと思った方は、MEXCで購入できますよ。

 

くれぐれも一気に大金突っ込まず、余剰資金何で投資してくださいね。

 

ここをクリックして、BONEコインの買い方に戻る!

 

 

✔︎普段の検索がお金になるかも!?

Braveというブラウザを使って検索をすることで、BATトークンを稼ぐことができます。

インストールも無料ででき、使い続ければリスク0でBATが貯まり続けます

あなたの今後のブラウザ検索で、無料で仮想通貨を貯めてみましょう!

 

>>【稼げるブラウザ!?】Brave(ブレイブ)の始め方【画像付き解説】

 

▼ここまで読んでくれた方へ:お得情報

ブログでは言えない仮想通貨・NFT情報を配信してます。

登録者限定の「仮想通貨の稼ぎ方完全ロードマップ動画」を含めた8大特典も無料配布中

\🎁無料・8大特典付き🎁/