【NFT】オーバーアロケーションとは?【メリット・デメリットも解説】

  • 2022年12月18日
  • 2023年1月29日
  • NFT
NFT

※免責事項:当サイトでは投資助言をしておりません。この記事で表記されている「仮想通貨」は「暗号資産」を指します。なお、NFTPL・NFTゲームの情報については審査をしてますが、安全の保証はできません。NFTへの投資はDYORかつ自己責任でお願いいたします。

 

  • NFTでオーバーアロケーションって聞くけど何?
  • どんな時に使われるの?
  • そういう意味か教えてほしい!

 

このような悩みを解決できる記事を書きました!

 

✔︎本記事を読むと分かること

  • 1:オーバーアロケーションとは?
  • 2:オーバーアロケーションをしてるNFTプロジェクト
  • 3:オーバーアロケーション関するQ&A

 

本記事では「NFTのオーバーアロケーション」について解説します。

 

この記事を読むことで、NFTで出てくる「オーバーアロケーション」について理解でき、対策することができますよ!

 

ゆうとまん
また、記事の最後の部分で「期間限定のお特なキャンペーン」もあるので、順番に読みつつ、最後の最後までご覧ください!

 

本記事の流れは目次のとおりです。

目次から読みたい所へジャンプできますよ!

 

✔︎普段の検索がお金になるかも!?

Braveというブラウザを使うことで、BATトークンを稼ぐことができます。

しかも、数十秒の広告を見るなどの作業をするではなく、Braveのトップページの片隅に小さく勝手に広告が出るので「使ってた自然に稼げた…!」って感じです。

また、余計な広告をブロックしてくれたり、読み込み速度が最大8倍になったりと、次世代のブラウザ。

検索で稼いでみたい方は、一度Braveを使ってみてください!

 

\検索で稼げる!?/

 

 

オーバーアロケーションとは?

オーバーアロケーションとは?

 

オーバーアロケーションとは、割り当て、配分という意味。

NFTでは「AL(優先購入権)をNFTの供給量より多く配布する」ということです。

 

例えば、新作のゲームソフト1,000個をチケット持ってる人だけが買えるとしたら、そのチケットを1,500枚配布するというイメージですね。要するに早いもの勝ちです。

 

ゆうとまん
これをNFTに当てはめると、NFTの発行枚数より、AL(優先購入権)を多く配布するということ!

 

オーバーアロケーション図解

 

図解で解説するとこんな感じ。

オーバーアロケーションすることで、AL(優先購入権)を持ってても、先着順になるので買えない人が出てくるということ。

 

>>【初心者向け】NFTのAL(アローリスト)とは?【入手方法・情報収集のやり方】

 

オーバーアロケーションのデメリット

  • AL(優先購入権)を持ってても買えない人が出てくる
  • 早押し勝負になる

 

NFTの供給量よりオーバーしてAL(優先購入権)を配るので、買えない人が出てしまいます。

AL(優先購入権)を持ってても買えなかった…という悲しい感情になってしまうのも一つのデメリットですね。

 

とはいえ、オーバーアロケーションにもメリットがあります。

 

オーバーアロケーションのメリット

  • AL持ってて買えなかった方が2次流通で購入する
  • 結果フロア価格が上がる

 

AL(優先購入権)を持ってても買えなかった方が、2次流通で購入し、フロア価格を上げることがあります。

特に、ALを過剰に配っててかつ人気なプロジェクトなら、大量に2次流通に回りフロアを打ち上げるなんて事もあったり…。

 

海外NFTでよく使われるチャートの動きですね。

 

オーバーアロケーションをしてるNFTプロジェクト

オーバーアロケーションをしてるNFTプロジェクト

 

では、実際にオーバーアロケーションしてるNFTプロジェクトを紹介していきます。

 

  • ①:DFTSW

 

ゆうとまん
サクッと見ていきます!

 

①:DFTSW

DFT SpaceWar(DFTSW)

 

まず1つ目は、DFT第2弾のプロジェクト「DFTSW」です。

 

✔︎補足:DFTSWのセール内容

  • DFTホルダー:フリーミント
  • AL:ほぼ確定ミント
  • WL:完全早押し

 

こちらを理解してからの方が、分かりやすいかと。

※ALとWLは同じ意味合いですが、DFTSWの場合は内容が違います。

 

DFTSWは、供給量5,555枚に対して、WLを1〜2万枚ほど配布予定であり、購入確率がかなり低くなってしまいます。

 

フリミン→AL保有者→WL保有者の順でミントしていくので、仮に「フリミン3,000枚」「AL保有者800枚」ミントしたら、残りの1,755枚を1〜2万人で取り合うということ。

 

ゆうとまん
WLをオーバーアロケーションしてますね。WL保有者は買えない人が多く出てしまいます。

 

DFTは、オーバーアロケーションして2次流通に回して、フロア価格を上げる海外チャートの動きですね。

 

 

>>【最新版】DFT SpaceWar(DFTSW)の買い方・特徴・AL(WL)入手方法を解説

 

オーバーアロケーションに関するQ&A

ガス代に関するQ&A

 

オーバーアロケーションに関する質問にお答えします。

 

オーバーアロケーションした際に早押しに勝つ方法はある?

 

超通信環境のいい場所でいかに早くミントボタンを押すかが鍵になってきますね。

それか直コンを使うかです。

 

直コンを使うことで、ミントサイトからミントする方より数秒早くミントできます。

ただ、最近直コンできるプロジェクトは少ないですが、知っておいて損はないかと。

 

直コンについては、下記の解説記事をどうぞ!

 

>>【画像付き】NFTの直コンのやり方【読者さんも一緒にできるように解説】

 

オーバーアロケーションではない場合は確定でミントできる?

 

オーバーアロケーションではない場合は、AL(優先購入権)を持ってれば、確定でミントできます。

 

確定で焦らずミントできますが、余裕かましてミント時間過ぎてしまったなんてことはないように。

 

ゆうとまん
実際僕、ClosePaというNFTで「確定ミントだ!」と余裕をかましてたら、ミント時間過ぎてくっそ後悔しました…。

 

焦りは禁物ですが、余裕かまし過ぎるのも禁物です。

 

まとめ

まとめ

 

最後に本記事の要点をまとめて終わります。

 

オーバーアロケーションとは、割り当て、配分という意味。

NFTでは「AL(優先購入権)をNFTの供給量より多く配布する」ということです。

 

AL(優先購入権)を持ってても買えないという方も出てきますが、買えなかった方を2次流通に回してフロアを上げることもあります。

 

オーバーアロケーションを理解してるのとしてないのでは、大差が出るので、本記事でマスターしてくださいね!

 

✔︎普段の検索がお金になるかも!?

Braveというブラウザを使うことで、BATトークンを稼ぐことができます。

しかも、数十秒の広告を見るなどの作業をするではなく、Braveのトップページの片隅に小さく勝手に広告が出るので「使ってた自然に稼げた…!」って感じです。

また、余計な広告をブロックしてくれたり、読み込み速度が最大8倍になったりと、次世代のブラウザ。

検索で稼いでみたい方は、一度Braveを使ってみてください!

 

検索で稼ぐ!?

※免責事項:当サイトでは投資助言をしておりません。この記事で表記されている「仮想通貨」は「暗号資産」を指します。なお、NFTPL・NFTゲームの情報については審査をしてますが、安全の保証はできません。NFTへの投資はDYORかつ自己責任でお[…]

 

▼ここまで読んでくれた方へ:お得情報

 

期間限定】2023年2月28日までにBITPOINT」に無料登録した方は、3,000円相当のDEPコインが無料で貰えます。

もちろん、貰ったコインを売ることも可能です。

こんな機会、滅多にありません。

これを見た今がチャンスです!このチャンスを逃さないよう、今すぐ行動へ移しましょう!

 

\無料10分・スマホでもかんたん!/

最新情報をチェックしよう!