【画像付き】NFTのリビール(Reveal)のやり方【OpenSea】

  • 2022年12月9日
  • 2022年12月14日
  • NFT
NFT 【画像付き】NFTのリビール(Reveal)のやり方【OpenSea】

※免責事項:当サイトでは投資助言をしておりません。この記事で表記されている「仮想通貨」は「暗号資産」を指します。なお、NFTPL・NFTゲームの情報については審査をしてますが、安全の保証はできません。NFTへの投資はDYORかつ自己責任でお願いいたします。

 

  • NFTのリビール(Reveal)って聞くけど…なに?
  • 単語だけは知ってるけど中身がわからない
  • 初心者でもわかりやすいように解説してほしい!

 

このような悩みを解決できる記事を書きました!

 

✔︎本記事を読むと分かること

  • 1:リビール(Reveal)とは?
  • 2:リビール(Reveal)の楽しみ方
  • 3:リビール(Reveal)のデメリット
  • 4:リビール(Reveal)のやり方
  • 5:リビール(Reveal)に関するQ&A

 

本記事では「NFTのリビール(Reveal)」について、今まで数十個ものNFTをミントしてリビールもしてきた僕が解説します。

 

ゆうとまん
この記事を読むことで、リビール(Reveal)について仕組みや楽しさを理解でき、NFTにより興味深くなりますよ!

 

本記事の流れは目次のとおりです。

目次から読みたい所へジャンプできますよ!

 

✔︎お知らせ

NFTを始める際に、販売所でETHを買ってませんか?

販売所でETHを買うと、スプレッドで最大5%ほど手数料を取られます。国内でも人気なコインチェックは販売所でしかETHを買えません。損してるのです。

例えば、5万円分のBTCを購入すると2,500円も損。

上記の手数料を抑えるためにも、ETHを取引所で購入できるbitFlyerを使いましょう!

 

 

 

リビール(Reveal)とは?

リビール(Reveal)とは?

 

NFTのリビール(Reveal)とは、「明かされなかったイラストが公開され、本来のイラストが見えるようになる」ことです。

運営が指定した日にちにリビールすることができます。

 

具体的に解説すると、以下の画像の通りです。

 

リビール前

リビール後

 

上記の通りで、左側のリビール前のNFTは、購入者がどんなイラストのNFTが出てくるか分かりません。

要するに、リビール指定日までは、全員同じデザインのNFTを持ってるということです。

 

一方、リビールされると、右側のNFTのようにデザインが明らかになり、「どんなNFTが当たったか」を確認することができます。

 

ゆうとまん
デザインが隠されたNFTが明らかになるって感じです!イラスト次第では高値で取引されることもあるので、運要素もあって楽しいですよ!

 

これがリビールです。

ちなみに、例で出したのは「NEO STACKEY」というNFTでして、来年にCrypto Ninjaとコラボ予定なので激アツです。チェックしておくと爆益を狙えるかもしれません。

 

>>NEO STACKEYについて見てみる

 

リビール(Reveal)の楽しみ方

リビール(Reveal)の楽しみ方

 

リビール(Reveal)の楽しみ方は以下の2つです!

 

  • ①:ガチャ要素を楽しむ
  • ②:コミュニティで会話する

 

ゆうとまん
詳しく見ていきますね!

 

①:ガチャ要素を楽しむ

 

リビールされるとイラストが公開されるので、ガチャ要素を楽しむことができます。

それも「NFT=価値のあるデータ」なので、お金に変えることも可能。例えるなら「絶対お金になる宝くじ」みたいな感じで楽しさが確定してる感じ。

 

「どんなイラストのNFTかな?」「レア度の高いNFT当たらないかな?」「気に入るデザインのNFT出るかな?」など、いろんな感情が生まれます。

 

特にリビールされる1分前とかはワクワクして仕方ないです!

 

ゆうとまん
CNPのヤーマのリビールの時は前日からワクワクしてたまりませんでしたw

 

最悪、デザインの気に入らないものが出たとしても、NFTなので売ってETHにすることもできます。

「絶対お金になる宝くじ」みたいな感じでかなり面白みがありますよ!

 

②:コミュニティで会話する

 

NFTのリビール前は、コミュニティが活発になりやすくなります。

 

先ほど書いた通りで、「どんなイラストのNFTかな?」などワクワクする感情が生まれ、同じNFTを持ってるもの仲間同士で楽しく会話できるんですよね。

 

ゆうとまん
リビール当日はかなりコミュニティ盛り上がります!特に雑談部屋は流れが早くて追いついていけません!w

 

ちなみに、コミュニティも盛り上がると同時に、SNSも「リビール結果!」などの投稿が溢れ、よくリプしあったりしてます。

 

リビール(Reveal)のデメリット

リビール(Reveal)のデメリット

 

面白みのあるリビールにもデメリットはあります。

それは以下の通り。

 

  • ①:リビール後は価格が下がりやすい
  • ②:日本の法的にグレーな部分もある

 

1つずつ解説していきます。

 

①:リビール後は価格が下がりやすい

 

まず一つ目は「リビール後は価格が下がりやすい」です。

理由は単純で、お目当てのNFTが出なくて一気に手放す人が増えるから。

 

「リビールしたけど、これ目当てのNFTじゃないしハズレ感ある…」と思った人が多く売りに出すと、売り圧が高まってフロア価格が落ちます。

 

もちろん、全てこうなるのではなく、リビールしても価格が落ちないNFTもあります。

 

ゆうとまん
とりあえず、リビール後は価格が落ちる可能性があると覚えておけばOKです!

 

リビール後、価格落ちそうだから、リビール前に売っておくという選択肢もあります。

リビール前に高値で売って、リビール後、価格下がったら再購入することもありですね。

 

②:日本の法的にグレーな部分もある

 

日本国内でのリビールは法的にグレーな部分もあります。

詳しくは下記のツイートをご覧ください。

 

 

NFTのリビールは賭博罪に当たる可能性があります。

 

NFTをサービス上取り扱う際、以下の構成要件を満たす場合には、賭博罪(刑法第185条、第186条)に該当する可能性があります。

① 偶然の勝敗により
② 財産上の利益の
③ 得喪を争うこと
④ 失われ得る財産上の利益が一時の娯楽に供するものでないこと

引用:日本暗号資産ビジネス協会

 

とはいえ、僕がどうにかできる問題ではなく、僕自身、NFTに触れてる人も普通にリビールしてます。

一人で深く考えるのではなく、リビールを実施したNFTのコミュニティに入ってみんなの意見を聞いてみると良いですよ!

 

リビール(Reveal)のやり方

リビール(Reveal)のやり方

 

リビールのやり方は非常に簡単です!

画像付きでサクッと解説します!

 

 

リビール前のNFTを選択し、右上にある「・・・」をクリックします。

続いて「Refresh metadata」をクリックするだけです!

 

ゆうとまん
Open Seaの言語を日本語にしてる場合は「メタデータ更新」になってるのでそちらをクリック!

 

あとは、ページを更新すると、イラストが現れます。

 

リビールができない場合

 

「Refresh metadata」を押したけどリビールできないという場合があります。

その際に考えられる内容は以下の通り。

 

  • リビール日が変更された
  • 本物のサイトで買わなかった

 

上記の通りで、リビール日が変更されると、いくら「Refresh metadata」を押してもイラストは出てこないので、ご注意ください。

リビール有りのNFTを購入した場合は、定期的にコミュニティやTwitterで最新情報を確認するといいですよ!

 

リビール(Reveal)に関するQ&A

質問

 

リビールに関する質問にお答えします。

 

リビール前かリビール後どっちで売ればいい?

 

投資助言はしてないんで、どっちがおすすめとは言えませんが、リビール後に価格が落ちる可能性があると思ったら、リビール前に売るものありです。

 

とはいえ、リビール後の価格の値動きを読むのは難しいです。投資するならご自身の判断で「どっちが損せずにいられるか」を意識するといいですね。

もちろん、売らずにNFTの未来を信じてガチホするものありです。

 

リビールにETHは必要?

 

リビールは無料なので、ETHは必要ありません。

 

「Refresh metadata」ボタンワンポチでできるので、費用は0です。

 

リビールして売って利益出たけど、どうやって日本円にするの?

 

NFTの利益を日本円にする方法は、以下の記事で解説してます。参考までにどうぞ!

 

>>ETHを日本円に戻す

 

まとめ

まとめ

 

最後に本記事の要点をまとめて終わります。

 

NFTとは、Non Fungible Token(非代替性トークン)のこと。

世界に一つだけを表現する技術

 

✔︎NFTの価値&メリット

  • ①:世界に一つだけを表現できる
  • ②:投資対象にもなる
  • ③:保有することで特典を受けられることがある

 

✔︎NFTの活用事例

  • アート
  • コミュニティの会員権
  • ゲーム

 

こんな感じ。

 

文章だけでは、NFTの凄さが伝わらないかもしれません。

実際にNFTを買ってみることで、面白さやメリットを実感することができます。

 

NFTに興味を持った方は、先行者になれるようOpenSeaでNFTに触れてみるといいですよ!

 

>>NFTを買ってみる

 

期間限定】2023年2月28日までにBITPOINT」に無料登録した方は、3,000円相当のDEPコインが無料で貰えます。

もちろん、貰ったコインを売ることも可能です。

こんな機会、滅多にありません。

これを見た今がチャンスです!このチャンスを逃さないよう、今すぐ行動へ移しましょう!

 

\無料10分・スマホでもかんたん!/

【画像付き】NFTのリビール(Reveal)のやり方【OpenSea】
最新情報をチェックしよう!